外壁塗装の注意点!窓の外に作業員がいる生活になります

 外壁塗装をしてもらった方の体験談です。少し違った角度からの体験談になりますが、気にする方、特に女性なんかは気を使うプライバシーに関する注意点を紹介してみたいと思います。外壁塗装といえば、価格や業者選びに目がいきがちですが、実際に工事が始まってから

外壁塗装を施工するときの注意点

築どのくらいの時期に外壁塗装をしようと思いましたか?

 わが家が外壁塗装を行ったのは、いまから15年ほども前になるかと思います。父親が生前に、工事を発注していました。その時点で家は築20年ほどは経過していたと記憶しています。業者の選定は父親が行っていて、知り合いの業者に依頼していたと思います。

外壁塗装はどのくらいの期間でどのくらいの価格帯でしたか?

 塗装の作業の期間は、足場の組立も含めて1週間程度だったでしょう。私は工事の費用がどのくらいかは聞いていませんが、家全体の塗装ということだったので、工賃は100万円ていどはかかっていたはずです。

外壁塗装の施工で何か問題はありましたか?

 少し塗装について問題があったとすれば、外から部屋の内部が見えてしまうことがあり、目隠しに気を使ったということです。作業員が朝から夕方まで窓の外にいるということに、配慮する生活となりました。もう一つは塗料の臭いですが、これは塗装作業が完了した直後には強かったので、気になるということもありました。シンナー系の臭いなので窓はあけられませんでしたが、塗装してから1週間程度でかなり薄まってきていたようでした。どちらも仕方がないことではあるのですが・・・。

最終的に外壁塗装のできばえはどうでしたか?

 戸袋上下階の各窓に取り付けられて木でできていたのですが、表面の塗料が剥がれた状態でした。塗装が終わった後の様子を見ると、外壁の塗装についても塗りムラがなくて非常に綺麗な仕上がりでした。白い壁を白く塗り直したわけですが、塗装する前は汚れて基盤でいた壁が、真っ白に綺麗になっていたので、さすがプロの仕上げだなと感心しました。

この体験談を見て・・・

 当サイトでは信用できる塗装業者さんを選ぶこと、騙されないこと、金額をぼったくりされないようになどということを書いてきているのですが、確かに優良な業者さんだったとしても窓のすぐ外に作業員がいるという生活なは女性にはストレスでしょうね。男の私の視点からでは少し気づけていなかった問題点かもしれませんね。




Page top icon