築30年-壁が粉を吹き、擦るとボロボロなので外壁塗装

 古い家の壁を実際に触ってみるとよく分かるのですが、壁を触ると黒板を触ったときのように手が粉まみれになることがあります。これは実はチョーキングといわれる現象で、外壁塗装をするときの1つの目安にするものです。ただ、すべての塗料、外壁素材でチョーキングが起こるわけでもなく、チョーキングがおきずに劣化していく素材もありますので、自分の家の外壁がどうなったら塗りなおしなのかは知っておくことが大切ですね。。

壁が粉を吹き、擦るとボロボロだったので外壁塗装をした方の体験談

築何年の時点で壁が粉を吹く状態(チョーキング)になったのですか?

 はっきりいつからかは分からないのですが・・・。築30年くらいの頃、外壁の見た目では外壁が崩れ落ちている訳でもなく、目立った損傷は無い状態でした。ですが汚れが目立ってきたので汚れを落とすつもりで壁をこするとポロポロと粉が落ち、粉を吹いた状態になっていました。経年老化により外壁が傷んで来たんだろうということで、外壁塗装をお願いする事になりました。

外壁塗装の業者さんはどうやって選びましたか?

 本当に偶然なのですが知り合いに丁度、外壁を施行していた方がおり、同じ業者さんを紹介していただいてお願いする事になりました。自分では特に何もしていないというのが正直なところです。

外壁塗装の業者さんと何か印象に残っている出来事ややり取りはありませんでしたか?

 家の全体を見渡し、壁の状態、サッシ周りにひび割れが無いか等を丹念に調べ上げ、全体の状態を解説してくれました。その中で気が付かなかった事があったのですが、雨戸を開けっ放しにしていたので壁が隠れてしまい、閉めてみると壁側に大きな亀裂が走っていて、剥がれてもおかしくない状態でした。普段は隠れている部分なので気が付いて良かったです。

 その後、見積もりを出されたのですが、塗装の種類により料金も違ってくると言われました。シリコン系の塗装の場合は伸びがとても良く、内壁の部分が、ひび割れて動いた場合でも、塗装がゴムのように伸縮性があるので、ひび割れができにくいと説明を受けました。丁寧な説明だったので分かりやすかったですね。

外壁塗装の工事はどのくらいで終わり、最終的な金額はどのくらいになりましたか?

 結局耐久性の事も考慮してシリコン系の塗料にしました。費用は足場組、外壁洗浄、塗料込みで約100万円でした。その後、2日ぐらいを掛けて足場を組み、高圧洗浄で外壁の汚れを落とし、小さなクラック等は穴を埋めた後に、本格的に塗装作業に入りました。もちろん、高圧洗浄の場合は周囲に音が響くので、事前にご近所の方に業者さんが贈呈品を持って挨拶に伺う配慮もしてくれました。約2週間ほどで塗装が全て完了をしましたし、樋も外した上で塗装をしてくれたので、見違えるほどきれいな印象になりました。

この体験談を見て・・・

 こちらの体験談の方も良い業者さんにめぐり合ったんだなぁという印象を受けますね。外壁塗装をするときは知人や親戚に相談して、その口コミから業者選びをするという典型的な事例な感じがしますね。知人や親戚による口コミはウソ偽りなく強いんだなぁと思いますね。



 こんな良心的な業者さんに外壁塗装をした知人親戚がいないという方にも安心してもらえるのが、外壁塗装駆け込み寺さんのサイトですね。ひとまず匿名で適正価格を知ることができますので、そこから外壁塗装リフォームの足がかりにすると良いと思います^^




Page top icon