安い外壁塗装で3年と持たなかった事例!安物買いの銭失

 外壁塗装業者の選び方をおろそかにした、塗装がはがれているのに早く修繕しなかった、安い金額で済ませようとしたらこうなったという外壁塗装失敗事例ですね。この文面からだと、工務店側に全ての責任があるようにはどうも思えないのですが・・・。

外壁塗装業者を簡単に決めた方の失敗事例

築どのくらいの時期に外壁塗装をしようと思いましたか?また、そのきっかけは何でしたか?

 新築の頃はとてもお洒落な濃い茶色の木目の柱と白い漆喰飾りの壁だったのですが、これが後々後悔する事になりました。非常に日当たりの良い東向きの面だったせいか、新築3年でぼろぼろと崩れてきました。日当たりが良すぎて乾燥に耐えられなかったのだと思います(おそらくですが)。

何度か塗り直しをしたようですが、1回目のときはどうでしたか?

 1回目の塗り替えをしたのは、築7年の頃でした。他は綺麗だったので、東向きの面だけの塗装で3日ほど、約30万でした。元々、家を立てた工務店にクレームしたい気持ちもあり、その工務店に外壁塗装をお願いしました。木目の柱に似合うような白の塗装は難しいと言われたのですが、新築のときに漆喰を提案してきたのは、工務店側だったのに・・・と思い、随分腹が立ちましたが、漆喰に似た素材で長持ちするものを使ってもらい塗装してもらいました。

その結果、外壁はどうなりましたか??

 また、3年でボロボロと塗装が剥がれ、壁に亀裂まで入ってきた様子でした。もうこれは元の工務店では、話にならないと思い2度目の外壁塗装をしようと思いましたが、すぐにはできず、築14年の時に別の業者に依頼しました。

2回目の外壁塗装や業者さんはどうでしたか?

 今度は、近所の評判の良い個人の外壁塗装屋さんに頼みました。強度を重視したため、ちょっと漆喰とは程遠いテカりの入った塗料でしたが、それから6年なんとかもっています。この時も東面一面のみで30万ほどでした。また、近々大々的に壁紙リフォームをしたいと思っています。

この体験談を見て・・・

 外壁塗装は塗料にもお金がかかるわけですが、足場や職人さんの人件費にもお金がかかっています。ですので、高価な耐用年数の長い塗料を使用し、外壁塗装の数自体を減らすことが最も節約に繋がるのです。

 どの規模の大きなの家の東面のみの外壁塗装なのかが分からないので、なんとも言えないわけですが、こう何度も施行すること自体が安物買いの銭失いなんではないかなぁと思います。



 外壁塗装は安いお買い物ではありませんので、失敗しないためにはある程度の基礎知識を頭に入れておく必要があります。また、信頼できる業者かどうかをはかるために、外壁塗装の駆け込み寺さんのところで相場チェックを事前にしておき、その価格が逸脱した価格(高額、低額ともに)なのかを知っておくことをオススメします。(そこで契約しなくても、相場を知っておくことは大事!)




Page top icon