外壁塗装をしないと壁の劣化だけでなく、基礎まで劣化する

 外壁塗装のことを家の壁の景観をきれいにするものだと思っている人がいますが、実は家の劣化を防ぐ役割の方が大きいのです。放置に放置を重ねると浸水し、最悪家の基礎まで劣化させ、不動産価値が大きく下がってしまうのです。

外壁塗装は家の壁の景観を良くするだけのものではない

家の外壁の景観 外壁塗装を家の景観を良くするだけのものを思っている方が多いです。もしくは、壁が壊れた、破損したときにどうにかしてもらうものだと思っている方も・・・。もちろん、それらのときも外壁塗装をするのですが、外壁塗装は家の内部に水が浸入しないように、家を守るバリア(防水)とするのが主な働きなのです。以下に、家の防水をしないとこうなるというのを経年劣化の時系列順に書いてみます。

  • 塗料のツヤがなくなり、景観が悪くなってくる
  • それとともに、塗料の劣化が始まり防水効果が低下し始める(一般に10年後くらい)
  • 防水効果が完全になくなり、家全体が湿気を帯び始める
  • 湿気により壁などが膨張しゆがみが膨らみが発生する
  • ゆがみ、膨らみが大きくなり小さなヒビが出始める
  • ヒビがドンドン大きくなる
  • 家の内部の防水シートにまで浸水が始まる
  • 家の内部の鉄・木材にまで浸水し始める
  • 微生物、化学反応が進み家の基礎が劣化してしまう

 外壁の種類や塗料の種類にもよりますが、一般的には10年ごとに外壁塗装をしなおすのが良いと言われています。防水効果がある内に次の防水効果を追加する感じですね。

外壁塗装をしなかった場合にかかるであろう費用

 どのくらいの大きさの家か、形はどうか、周辺環境はどんな感じなのか、など様々な条件で金額は変わりますが、一般的な一軒家で外壁塗装の費用は大よそ90~130万円と言われています。が、この外壁塗装の費用をケチった場合、どんな費用がかかってくるのかを紹介してみたいと思います。

雨漏りの修理

 屋根の劣化が進むと雨漏りが起こります。雨漏りの原因は屋根に穴が空いていることに違いはないのですが、その原因は1つではないことが多く、穴をふさげば終了というモノではありません。複数の原因が重なっている場合、120~200万円の工事費用となるようです。

断熱材の補修工事

 外壁塗装を行った結果、壁の中にある防水シートの内側にある断熱材にまで浸水が進んだ場合、これを補修する必要がでてきます(これをさらに放置した場合は次の項目で)。この場合、まず劣化した部分を解体することも必要となってきまして、一般に60~200万円の工事費用となることもあるそうです。劣化度合い、規模にもよりますが・・・。

基礎補修工事

 断熱材を超えて、家の基礎にまで浸水が進んだ場合は、さらに50万円くらい余計にかかってくることになりますので、110~250万円辺りが相場になってくるかと思います。

シロアリ駆除

 外壁による防水機能がなくなってしまったあと、家に湿気がこもるようになるとシロアリの絶好の標的となってしまうことがあります。シロアリを駆除する費用として10万円~20万円かかり、シロアリにやられてしまった部分を補修する、交換する、解体するなどの費用がさらにかかってきます。どの程度やられてしまったかで金額は大きく変動しますが・・・。

家に住めなくなるレベルになると・・・

 家に住めないレベルになると家を解体する必要があります。木造の家で150万円~、鉄骨の家で300万円~の費用がかかり、さらに次に住む家を探すか、新築の家を建てるかになるのですが、新築の家を建てるとなると新築の家の費用とそれまでに住む家の家賃などが発生します・・・。こうなってくるとそれこそ3000万円という単位のお金が動くことになりそうですね・・・。

少し大げさに書きましたが本当のことです

 ここではあくまでも最悪の事態を想定した費用相場を紹介しました。が、10年~15年間隔くらいで外壁塗装を行っていれば問題になることはありません。

 また、もう1つ知っておいてほしいことが悪徳外壁塗装業者もこのようなことを言ってきます。今すぐ対策をしないと家に住めなくなる!!だとか、外壁にヒビが入っていて浸水が始まっている!!などと言ってくることが多いです。外壁にヒビが入っていても1週間2週間で家が倒壊するようなことはまずありませんので、落ち着いて業者選定を行ってください。慌てて契約をすることは失敗の元です。外壁塗装駆け込み寺さんのようなサイトでひとまず費用相場をチェックしてからでも遅くありませんので、訪問営業をかけてきた業者の言いなりにならないように・・・。



Page top icon